株式会社Ryuでは、持ち運びもできる【携帯石窯 伊炉裏 I・RO・RI】の販売・設置を行っております。
弊社は天竜川支流の気田川のほとり、静岡県浜松市天竜区小川にあります。
浜松市街から車で1時間半の人里離れた山の中で欧米の石窯を改良改善し、昔、日本の何処の家庭にもあった【いろり】の役目を【携帯石窯 伊炉裏 I・RO・RI】で担っていきたいとの思いで研究開発しました。
浜松商工会議所『やらまいか』ブランド認定商品です。

【伊炉裏】登録第5817961号
【石窯】特許第6445394号

HOME

ジャム次郎日記(どうしても石窯の楽しさやおもしろさ、できたてのピッツァ・パン・石窯料理のおいしさをみなさんにお伝えしたい男のブログ)


2019年11月28日 : : おでん
石窯で作るおでん

2019年11月24日 : : ボジョレ~パーティ~始まるょ



ボジョレ~パーティ~始まるょ~????

2019年11月24日 : : 秋深まり
紅葉の中の伊炉裏

秋深まり 伊炉裏 サク

#伊炉裏
#伊炉裏大和
#Ryu
#紅葉
#秋

2019年11月21日 : : 石窯ハンバーグ
石窯で作るハンバーグ

2019年11月20日 : : ピッツァの日
ピザ マルゲリータ

本日11月20日は…

『ピッツァの日』?

マルゲリータ・ピッツァの名前の由来となった??イタリア王妃マルゲリータの誕生日です。

【携帯石窯 伊炉裏 I・RO・RI ご紹介動画】
【特許第6445394号】



 ご挨拶

はじめまして、株式会社Ryu代表の石窯ジャム次郎と申します。
はじめてこの名前を耳にされたお客様は「石窯ジャム次郎…?」それッ?本名じゃないでしょぉ~?
…と思われたのではないでしょうか。
そぉ~!お客様がイメージされたままでございます。

実はこの名前、私のビジネスネーム☆でありまして…(^^ゞ
今をさかのぼること数年前、敷地内に耐火煉瓦を利用した大型の『本格☆石窯』を製作しました。
その事がきっかけで休日になる度、その石窯を利用してピッツァ・パン・石窯料理を焼くことに目覚めました。
石窯や石窯を使った料理は、すごく美味しいのは勿論のこと、友達や家族、仲間や親せき、会社の仲間や近所の方と、具材作りや生地作り、焼き上がったお菓子や料理を皆で味わったり、一日かけてすごく楽しませてくれます。
しかも、できるまでの間「ワイワイ…ガヤガヤ…」言いながら作る過程の全てが面白いです。何より、一年中楽しむことができます。

「この美味しさや面白さを皆さんにお伝えできないだろうか…?」と真剣に考えるようになり、
石窯を使ったピッツァ屋さん?パン屋さん?料理屋さん?と、色々考えましたが、当社は浜松市の中でも北の北、「天竜区」。
しかも、山奥のまた山奥。お店を構えるには交通の便が非常に悪く、誰もが気軽に立ち寄れるお店なんて絶対に無理。
では、町中に店舗を借りて構える?それとも移動販売?それでは、多額の資金が掛ってしまう。それならネット販売?それでは出来立ての美味しさをご提供することができない。

でも、どうしても石窯の楽しさや面白さ、出来立てのピッツァ・パン・石窯料理の美味しさを皆さんにお知らせしたい!

あれこれ考えているうちにふと思いました。
「意外とスムーズに石窯を作れたのはなんでだろう?」
しばらく考えているうちにあることに気がつきました。
それは、この事業を始める前から営んでいる建設業(斫り業)※斫り(はつり)とは、コンクリートブレーカと呼ばれるエアー工具を使用してコンクリートを破壊する作業のことです。
このコンクリートブレーカの先には「斫りノミ」と呼ばれる尖った棒状の金属製部品が使用されています。
このノミは破壊時の打撃の影響で先端が摩耗し丸くなる為、現場作業の合間等を利用して「コークス炉」と呼ばれる炉を使用して融解温度寸前(1,400℃)まで加熱し、さいかけ(鍛冶屋)作業して尖らせます。
この作業に使用するコークス炉は、開業以来何度も自社で築炉をしてきました。
この築炉ノウハウの応用と、現場作業で培った技術・知識・道具を活かせたからだということに気がつきました!
「そうだ!!この技術を使って石窯を作れば、皆さんに石窯の素晴らしさや面白さをお伝えすることができる!!作った石窯を販売したり、レンタルすることもできれば予算の有無にかかわらず、気軽に石窯ライフをお楽しみいただける!」
そんな強い思いから始めました。


お問い合わせ